快眠方法と安眠の館TOP > 快眠法の基本とは? > 快眠にアロマを活用しよう

快眠にアロマを利用する

 
最近、快眠にアロマテラピーを利用する人が増えています。

アロマとはアロマテラピーの略で、アロマとは芳香、テラピーとは療法のことです。つまり植物の香り成分を使って、健康と快眠に役立てようというわけです。

呼び方には英語読みのアロマセラピー、フランス語読みのアロマテラピーがあります。どちらかというと発症地のフランスにならって、アロマテラピーということが一般的なようです。

快眠に役立つアロマは、エッセンシャルオイル(精油)を使用します。これをディフューザー(放香器)に入れたりします。アロマポットやアロマライト、ろうそくに練りこまれたアロマキャンドルなどがあります。そのほか、オリーブ油のような植物油で薄めて肌に塗ったりもします。手軽にできる方法として、ハンカチやティッシュに精油を1,2滴たらして匂いをかぐというものがあります。それを枕元に置いておくと気分が安らぎ、快眠に役立ちます。湯船にたらしてアロマバスにすることもできます。

 


快眠アロマに使用するエッセンシャルオイルには300種類以上あります。できるだけアロマテラピーアドバイザーがいる専門店で、純度100パーセントの精油を購入するようにしましょう。水などで薄めたり、香料を添加したタイプのものは、安い代わりに頭痛や吐き気の原因になることがあるからです。

快眠に効くアロマは、いろいろな種類があります。
たとえばペパーミントは気分をスッキリさせ、リフレッシュしてくれます。風邪を引いたときや乗り物酔いの対策として効果があります。リラックスしたいときはラベンダーやカモミールがいいでしょう。

快眠にアロマを使用するさいには、いくつかの注意点があります
これを守らないと、かえって健康を害したり不眠の原因となるので要注意です。

 ・精油の原液は肌につけない。薄めるならOK。
 ・柑橘系オイルを塗った後は、日光に当たらない。酸化してシミになる危険が。
 ・精油は飲まない。これを飲んで死亡した事例があるようです。

 


快眠アロマによって、いい香りをかぐと鼻の奥にある嗅神経から大脳の嗅覚野に届きます。嗅覚は人間の進化の過程で、昔からある最も古い感覚。匂いは嗅覚野に届くだけではなく、大脳辺縁系にも届きます。これは脳の深くに位置しており、感情を支配し、感情を起こす元となる部分。そのため匂いというものは、感情を静めたりする作用があるわけです。

快眠にアロマテラピーが役立つのは、感情を起こす元である大脳辺縁系を静めてくれるからです。そうなると間脳の視床下部に、ストレスが減ったことが通達され、副交感神経を優位にして、深い眠りに入っていけるのです。
不眠症を解消するための快眠方法はこちら↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら