快眠方法と安眠の館TOP > 快眠法の基本とは? > 熱帯夜で快眠する秘訣とは?

熱帯夜に快眠するための注意点

 
熱帯夜で快眠するコツを解説していきます。

夏の熱い夜は、温度と湿度が上昇するため、寝苦しくなります。
そのため夏の睡眠時間は少なくなりがちです。もちろん日照時間が少ないために、睡眠が短縮するという理由もあります。夏の睡眠不足を乗り切るには、昼寝をうまく活用するとよいのです。午前中で消耗したエネルギーを充填するために昼寝や居眠りを活用しましょう。ただし寝すぎたり、昼の3時以降に昼寝すると、今度は夜の睡眠に影響してきますから注意が必要です。

さて熱帯夜で快眠する方法は、すでにもう皆さんは実践済みかもしれません。そうです、空調の活用ですね。クーラーや除湿機があれば、部屋のなかの温度・湿度を快適に保つことが可能になります。問題は電気代が高くつくということ。昼間もずっとクーラーをつけているとしたら、夏の間中、クーラーをつけっぱなしという事態にもなりかねません。

そこで熱帯夜で快眠するコツとして、自動的に数時間後に空調が停止する設定を取り入れている人もいるでしょう。こうすれば、少なくとも寝入りばなは快適になります。寝初めだけが寝苦しいのですから、これも一つのアイデアです。

 


ただし人の体温は睡眠中も上下動しています。
人は眠りに入ると、1度くらいグッと一気に体温が下がります。このときに深いノンレム睡眠に入っていくのです。ここは空調でクリアできるでしょう。ただし、睡眠中は全体的に体温が低くなっていますが、そのなかで体温が微妙に上下動してます。やがて体温が上昇するとレム睡眠に至り、また体温がグッと下がってノンレム睡眠に入っていくのです。この体温が下がるときに発汗作用が起こります。

寝入りばなは涼しくても、数時間後に空調が切れることで室温や湿度が上昇すると、体温を効果的に下げられなくなる危険があります。これは温度というよりも湿度の問題です。人間は、手足に汗をかくことによって、気化熱の働きで手足の温度が下がります。冷えた血液を体内に循環させることによって、体温を下げているのです。しかし室内の湿度が高くなってくると、手足が湿ったままで冷えなくなります。そうなると効果的に体温を下げられなくなり、深いノンレム睡眠に入っていけないのです。深い眠りを取れないために、朝起きたあとに寝た気がしない寝不足状態になり、熟睡感を感じないのです。

熱帯夜の快眠法としては、この辺をどうするかですね。
ずっと空調をつけていればいいのですが、電気代がかかる。かといって途中で消したのでは、湿度が低下せずに睡眠の質が落ちる。

 


ただし室内の温度が低すぎても、睡眠の質は悪くなります
これは体温が低くなりすぎると、それ以上下がることが困難になるために、深い睡眠にグッと入っていけなくなるからです。室温は高すぎても低すぎてもいけないわけですね。熱帯夜の快眠に役立つ室内の温度は25〜27度(28度が限度)、湿度は50パーセントあたりがいいようです。とくに前述したように、安眠・快眠のためには湿度が大切です。このあたりの寝室環境になると、寝床内は33度、湿度が50パーセントとなります。寝床内は体温よりも、やや低目が目安です。

熱帯夜に快眠するには、足元に扇風機を当てると体感温度が下がるために有効です。この場合、微風を一旦壁に当てて、跳ね返りを利用するとよいでしょう。そのほか頭を冷やす快眠枕やシートなどのグッズも販売されていますから、それらを組み合わせれば、相乗効果となって電気代を抑えられるかもしれません。
不眠症を解消するための快眠方法はこちら↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら