快眠方法と安眠の館TOP > 快眠法の基本とは? > 快眠サプリメントって何?〜食事やメラトニン

快眠サプリメントは神経を静める

 
快眠サプリメントを飲めば、神経が沈静化され、安らかな眠りに入っていける確率が高くなります。ただ確率がアップするというだけで、これが快眠方法の絶対条件とか解決法というわけではありません。

結論からいうと、体内リズムが朝型の場合にのみ、それを補佐するように夜に眠りに入っていける効果はあるということです。つまり夜型の人が快眠サプリメントの力だけに頼っても、夜に寝付けないということになります。

快眠サプリメントとは、眠りに有効な成分だけを取り出して、錠剤などに凝縮したものです。ただ栄養素というのは、ほかの酵素などとの関わりで効果を発揮しますから、ひとつの成分だけを取り出したサプリよりも、できるだけ不眠に効く食べ物から摂取したほうが効果的です。

アメリカでは約半数の人が、何らかの睡眠の悩みを抱えているといわれています。そのためアメリカではメラトニンやトリプトファンの快眠サプリメントが流行しています。しかしトリプトファンのサプリは不純物が含まれていたために、服用した人の神経に異常が出たことがあったそうです。またトリプトファンが安眠にいいからといって摂りすぎると、肝臓に負担をかけることがあります。メラトニンのサプリメントも、効果が実証されていませんし、ホルモンを体外から過剰に取り入れることの副作用などの心配もあります。

ただしトリプトファンやメラトニンを、自然の食材から取り入れる分には心配はありません。トリプトファンは牛乳、卵白(ちなみに卵黄にはビタミン12が)、ツナ、大豆(納豆など)、バナナなどに含まれています。トリプトファンは体内では作れない必須アミノ酸で、取り込まれるとセロトニンになり、さらに睡眠ホルモンであるメラトニンになります。

メラトニンは快眠サプリメントという形で摂取してもいいですが、体内でも合成されます。日中に太陽の光に多く当たるほど、体内で合成されるのです。ただ年配になると、体内での合成量が減るので、メラトニンを栄養素として取り入れることは有効です。

メラトニンは以上のように、トリプトファンを取り入れれば、体内で合成されますが、メラトニン自体を摂取することもできます。快眠サプリメントとして摂取すると危険がありますが、食材から取り入れると安全です。メラトニンはケールやアメリカンチェリーに含まれています。ケールは青汁として有名ですので、青汁を牛乳にまぜて飲むと、安眠ジュースの出来上がりです。

 


快眠サプリメントとしては、そのほかにカプサイシン、グリシン、ビタミンB群、ギャバ、硫化アリルなどがあります。マグネシウム、カルシウム、鉄分や亜鉛などのミネラルも大切です。カプサイシンは唐辛子にふくまれています。辛いのが苦手な人は、サプリからとるのもアリです。カプサイシンを摂取すると、急激に体温が上がり、そのあと下降が起こって眠くなります。辛いものを食べると、確かに熱くなりますよね。グリシンはアミノ酸の一種で、ノンレム睡眠を深くする作用があります。これは睡眠中に手足を温めるために、体温が下がるように働くからです。

ビタミンB群の快眠サプリメントは、神経を沈静化させ、催眠作用があります。卵黄や豚肉に多いビタミンB1は精神のビタミンといわれていますし、卵黄や貝類、魚に多いビタミンB12は安眠に不可欠といわれています。ナイアシンも重要です。

ギャバが含まれる快眠サプリメントは、脳内のノルアドレナリンやアセチルコリン、ドーパミン、ヒスタミンといった興奮性神経伝達物質を抑えます。ギャバは睡眠中枢の視索前野に多くある抑制性神経伝達物質なのです。ギャバは玄米や醤油、味噌、納豆などに多く含まれていますから、昔ながらの日本食は理想的な快眠食といえるのです。
不眠症を解消するための快眠方法はこちら↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら